『カームベルト』を含むコンテンツ

ワンピース OnePiece 古代文明繁栄の謎

ところで、「凪の帯(カームベルト)」や「偉大なる航路(グランドライン)」はいつから存在したんだろう?なんだか妙な疑問が頭に浮かびました。

グランドラインにはルフィ達が立ち寄った場所だけでも古代から繁栄した文明があったらしい痕跡がいくつもあります。4000年前に建築されたと言うアラバスタの王宮、800年前に滅びてしまった、とは言え黄金郷と呼ばれるほど金を使いまくった(?)シャンドラの遺跡。あのドラム王国にしても、王宮は標高5000メートルの高地にあると言います。何故そんなところに建てたのかは疑問ですが、いずれにしろそんな場所にあれだけの城を建てるには相当の財力、労力、技術力が必要だったはずです。

それでは古代文明に限らず、そこに国ができ繁栄するために必要な物は何でしょう?


 

ワンピース OnePiece の地理と世界貴族~天竜人

☆ONE PIECEの地理

この世界の海は、世界を一周する航路「偉大なる航路(グランドライン)」とそれに対して直角に世界を横断する大陸「赤い土の大陸(レッドライン)」によって4つに分けられている。「偉大なる航路」は「凪の帯(カームベルト)」に挟まれており、二分された「偉大なる航路」後半の海は「新世界」と称されている。

「偉大なる航路」「赤い土の大陸」により東西南北に区切られた海はそれぞれ「東の海(イーストブルー)」、「西の海(ウエストブルー)」、「南の海(サウスブルー)」、「北の海(ノースブルー)」と呼ばれる。上空には「空島」(「白海」、「白々海」)がある。シャンクスとバギーの会話によると、北極と南極も存在する。
ONE PIECEの地理 - Wikipedia より引用

 


この世界の一番の特徴は「凪の帯(カームベルト)」と「偉大なる航路(グランドライン)」の存在にあります。「偉大なる航路(グランドライン)」は島々の地磁気の異常でコンパスが使えず、少し進むだけでも極端に変化するでたらめな気象などもあり航行することがきわめて難しくなっています。またグランドラインを挟むように存在する「凪の帯(カームベルト)」はきわめて安定した気象の無風海域ながら、あるいはそれ故に、巨大な海王類(海に生息する凶暴な巨大生物)の群生する地帯となっていて危険きわまりないため一般の船は航行することができません。(海王類が怖れる毒を持つ大蛇をくくりつけたアマゾン・リリー、九蛇海賊団の船と船の気配を消すことができる船底に海楼石を敷き詰めた海軍の軍艦のみがこの海域を航行できるようです。)